ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 蟹江文庫 -現代語訳版・小酒井不木作品集-

本文

更新日:2022年4月1日公開 印刷ページ表示

蟹江文庫 -現代語訳版・小酒井不木作品集-

小説集

100年前のミステリー小説が現代に蘇りました!

 小酒井不木は蟹江町出身の医学者で、翻訳家、作家としても活躍。江戸川乱歩、横溝正史らとも親交があり、多くの作品を世に残した日本探偵小説界の草分けといえる人物で、近年「江戸川乱歩を見出した男」として再評価の動きが高まっています。結核のため38歳の若さで急逝したものの、大正から昭和初期のわずか5年あまりの間に140作以上もの作品を執筆し、高い評価を得ました。しかし死後90年が経ち、その作品の多くはすでに絶版となってしまい、一部がパブリックドメインとしてインターネット上で読める状態になっています。

 そこで蟹江町では、日本探偵小説黎明期の立役者でありながら時代の波に埋もれつつある不木と、その作品群に今こそスポットを当て、顕彰するため、古書の現代語訳を行い小酒井不木小説集として「蟹江文庫」を開設しました。

 現代に蘇ったミステリー小説をぜひお楽しみください!

※ 小説中の一部には、現代では差別表現、不適切と思われる表現が含まれている場合がありますが、作品が書かれた時代背景に鑑み、原作を尊重する観点からそのままとしてあります。また、現代語訳版ですので原本を確認されたい方は、蟹江町図書館などに収蔵されている書籍をご参照ください。

ショートムービー

死体蝋燭

安死術

網膜現像

 町制作ショートムービーです。本作品の映像は、すべて蟹江町内で撮影を行っています。
 作品についての詳細は、各作品ページをご覧ください。

朗読ムービー

遂に鐘は鳴った<外部リンク>

 令和3年10月30日(土)に開催された、小酒井不木朗読会で発表した作品のアーカイブデータです。
 読み手/菅沼 翔也