ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 蟹江町図書館 > おすすめ図書紹介

本文

おすすめ図書紹介

更新日:2022年5月2日公開 印刷ページ表示

◆今月のおすすめ図書◆

児童書                                                           

『にじゅうおくこうねんのこどく』<外部リンク>

谷川 俊太郎/詩
小学館/出版

 「ばんゆういんりょくとはひきあうこどくのちからである」谷川俊太郎の名詩が絵本になりました。
独特な音、迫力のある絵に触れて宇宙を感じつつ、さまざまな想像をしてみませんか。
小さな子供から大人にもおすすめの1冊です。

 

『ヘンテコおりがみ』<外部リンク> 

笹川 勇/著                                                                                                                                           主婦の友社/出版

 押したらヤバそうなボタン、ジャンピングあおむし、おしゃべりガイコツなど、
動かして遊んだり、人を笑わせたり、びっくりさせたりするおりがみを紹介して
います。おり方についてカラーの図で解説している他、動画でも見ることができます。

図書案内リブくん

一般書                           

 『解體珍書<外部リンク>』                                                    
 
福井 栄一/編・現代語訳
工作舎/出版
 
 舌の生命力、歯を抜く値段・・・。いちばん身近で、いちばん不可解な人体に関する
滑稽な話、怖い話、にわかに信じがたい話を古典文学から集めて、現代語に訳してあります。
部位ごとの語源や覚書、付言、諺・慣用句も付されています。

 

『3・4・5歳のこどもの「なんで?」早引き事典Light』<外部リンク>

主婦の友社/編

主婦の友社/出版
 
 「なんでママはお化粧するの?」「なんで夢を見るの?」「なんでパパと
ママは働くの?」子どもたちの問いかけにあなたなら、どう答えますか。
実際にあった質問にパパやママ、保育園や幼稚園の先生たちがどう答えた
のかが紹介されています。

図書案内リブくん

 

 

 

 

 

◆過去の広報に載った図書◆

児童書

『ねむたくないせんにん』<外部リンク>

『理系脳をつくる食べられる実験図鑑』<外部リンク>

『エイモスさんがバスに乗りおくれると』 <外部リンク>

『ハタハタ』<外部リンク>

『方言ずかん』<外部リンク>

『自然を再生させたイエローストーンのオオカミたち』<外部リンク>

『5分後に意外な結末Q 正解より素敵なパズルの解き方』<外部リンク>

『ほんやねこ』<外部リンク>

『プンスカジャム』<外部リンク>

『ばあばにえがおをとどけてあげる』<外部リンク>

一般書

『感じがいいと思われる敬語の話し方』<外部リンク>

『世界の祝祭』<外部リンク>

『遺伝子の不思議としくみ入門』<外部リンク>

『SDGsな生活のヒント』<外部リンク>

『少女たちの戦争』<外部リンク>

『あまりに細かすぎる名古屋港水族館ガイド』<外部リンク>

『ドローン飛行許可の取得・維持管理の基礎がよくわかる本』<外部リンク>

『至福のチーズレシピ』<外部リンク>

『知識ゼロからの空き家対策』<外部リンク>

『ミュージアムグッズのチカラ』<外部リンク>