ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ペット・動物 > ペット > 犬の登録・ペットの火葬について

本文

更新日:2020年4月6日公開 印刷ページ表示

犬の登録・ペットの火葬について

 犬の登録について

狂犬病予防法により、生後91日以上の犬には登録が義務付けられています。
新しく犬を飼われたとき、生まれたとき、未登録の犬を譲受けたときには環境課や動物病院で必ず登録してください。
一生に一回のものであり、一度登録すれば改めて登録する必要はありません。
なお、犬の所有者が変わったとき、所在地の変更をしたときはその旨を届けてください。

※鑑札と注射済票は必ず首輪につけましょう。万が一逃げ出してしまった場合の飼い主の特定に役立ちます。

登録料

3,000円

狂犬病予防注射

狂犬病予防法により、毎年1回狂犬病予防注射を受けることが義務付けられています。
人間に感染すれば、致死率がほぼ100%の恐ろしい病気です。必ず予防注射を受けさせ、自分自身や愛犬を守りましょう。

 

※今年度は新型コロナウイルス予防対策により、役場、公民館、産業文化会館での集合注射は実施しません。
近隣もしくはかかりつけの動物病院にて接種していただくようお願いいたします。

ペットの火葬

蟹江町内で飼われていたペットが死亡した場合は、動物炉で火葬いたします。

ビニール袋に入れたうえで、ダンボール等に入れてお持ちください。

※火葬炉の故障の原因になりますので、袋の中に愛用したものや嗜好品は入れないでください。
※お立会い、拾骨は出来ません。ご了承ください。
※犬の場合は登録抹消の手続きが必要ですので、鑑札等の登録番号がわかるものをお持ちください。

手数料

 1,000円

 災害対策

災害はいつ起こるかわかりません。

大切な飼い犬を守るため、また周囲への迷惑とならないよう日頃からの対策が必要です。

ペットの災害対策については、こちらのページをご覧ください。