トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 軽自動車税(原動機付自転車・小型特殊自動車)の申告書

軽自動車税(原動機付自転車・小型特殊自動車)の申告書

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日

軽自動車税(原動機付自転車・小型特殊自動車)の申告書

1.軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書について

 原動機付自転車等を購入や譲受け等により取得した場合または町外から転入した場合に提出する申告書です。
 取得した日または転入した日から15日以内に提出してください。

(1)申告書様式

(2)申告に必要なもの

販売店から購入した場合

・軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(所有者・使用者の認印が必要です。)
・販売証明書
・運転免許証(町内に住民登録がない場合のみ)

町外の方から譲り受けた場合

・軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(所有者・使用者の認印が必要です。)
・譲渡証明書
・前所有者が登録していた市町村で廃車申告をした際の廃車申告受付書または前登録地のナンバープレート
・運転免許証(町内に住民登録がない場合のみ)

町内の方から譲り受けた場合

・軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(前の所有者・使用者の認印が必要です。)およびナンバープレート、または前所有者が廃車申告をした際の廃車申告受付書
・軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(所有者・使用者の認印が必要です。)
・譲渡証明書
・運転免許証(町内に住民登録がない場合のみ)

町外から転入した場合

・軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(所有者・使用者の認印が必要です。)
・前住所地で廃車申告をした際の廃車申告受付書または前住所地のナンバープレート
・運転免許証(町内に住民登録がない場合のみ)

町内で転居した場合

 住民票に関する手続きをしていれば、軽自動車税の申告は必要ありません。

紛失・破損等によりナンバープレートの再交付を受ける場合

・軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(所有者・使用者の認印が必要です。)
・標識亡失(き損)届書 (税務課窓口で記入していただきます。認印をお持ちください。)
・ナンバープレート(破損等をした場合)
・警察に被害届を提出した際に交付される「受理番号教示書」または「盗難届出証明書」(盗難にあった場合) 
・弁償金200円(ナンバープレートの再交付に係る費用)

2.軽自動車税廃車申告書兼標識返納書について

 原動機付自転車等を廃車、譲渡、盗難等により所有しなくなった場合または町外へ転出した場合に提出する申告書です。
 所有しなくなった日または転出した日から30日以内に提出してください。

(1)申告書様式

(2)申告に必要なもの

廃車した場合

・軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(所有者・使用者の認印が必要です。)
・ナンバープレート
・標識交付証明書
・解体証明書がある場合、解体証明書

町外の方へ譲渡した場合

・軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(所有者・使用者の認印が必要です。)
・ナンバープレート
・標識交付証明書

町内の方へ譲渡した場合

・軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(所有者・使用者の認印が必要です。)
・ナンバープレート
・標識交付証明書
・軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(新所有者・使用者の認印が必要です。)

盗難にあった場合

・軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(所有者・使用者の認印が必要です。)
・警察に被害届を提出した際に交付される「受理番号教示書」または「盗難届出証明書」

町外へ転出した場合

・軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(所有者・使用者の認印が必要です。)
・ナンバープレート
・標識交付証明書

町内で転居した場合

 住民票に関する手続きをしていれば、軽自動車税の申告は必要ありません。

3.申告書の提出について

 軽自動車税の申告書は、税務課窓口で受け付けています。
 手数料は必要ありません(紛失・破損等によりナンバープレートの再交付を受ける場合は弁償金として200円が必要です。)。
 すでに蟹江町外に転出したため、「軽自動車税廃車申告書兼標識返納書」を窓口で提出できない場合については、税務課軽自動車税係へご相談ください。
 なお、「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書」については、所有者の住民登録地が蟹江町外の場合、受付窓口で所有者の運転免許証を提示していただく必要があります。

4.関連リンク


Adobe Readerダウンロード PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)