トップページ > 組織でさがす > 安心安全課 > 弾道ミサイルの対応について

弾道ミサイルの対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月20日

弾道ミサイル落下時の対応について

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、皆さんにお知らせします。

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

・ 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
・ ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で、特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れた直後にとるべき行動

屋外にいる場合

・ 近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中または地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。
・ 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

屋内にいる場合

・ できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。
落ち着いて行動しましょう。


なお、さらに詳しい情報については、以下の関連リンク等を参照してください。

弾道ミサイル落下時の行動について(外部リンク)

弾道ミサイル落下時の行動について(英語版)[PDFファイル] [PDFファイル/134KB]

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(外部リンク)

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(通称Jアラート)による情報伝達について(外部リンク)

弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動について [PDFファイル/139KB]

弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動に関するQ&A [PDFファイル/272KB]

Jアラートによる情報伝達について [PDFファイル/336KB]

弾道ミサイル落下時の行動リーフレット [PDFファイル/433KB]

弾道ミサイル落下時の行動チラシ [PDFファイル/877KB]

ミサイルが飛んできたときには、どうやって身を守る? [PDFファイル/723KB]

弾道ミサイル攻撃を受けたときの避難行動 [PDFファイル/805KB]


Adobe Readerダウンロード PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)