ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > スマートフォン決済アプリで町税等が納付できます

本文

更新日:2020年9月4日公開 印刷ページ表示

スマートフォン決済アプリで町税等が納付できます

 スマートフォン等からアプリを利用して、納付書のバーコードを読み取ることで、いつでもどこでも納付できるようになりました。

納付できる町税等

・町県民税

・固定資産税

・軽自動車税(種別割)

・国民健康保険税

・介護保険料

・後期高齢者医療保険料

利用できるアプリ

下記のアプリをスマートフォン等にダウンロードし、納付書のバーコードを読み取ることにより納付ができます。

PayPay<外部リンク> 【アプリ残高から支払い】

PayPayのアプリを起動します。

⑴ アプリのホーム画面内の「スキャン」をタップ

⑵ 納付書のバーコードを読み取る

⑶ 支払金額を確認し「支払う」をタップ

⑷ 支払い完了

PayPayアプリダウンロードはこちらから<外部リンク>

LINEPay<外部リンク> 【アプリ残高から支払い】

LINEPayのアプリを起動します。

⑴ 「ウォレット」内の残高をタップ

⑵ 「請求書払い」をタップ

⑶ 内容を読み「次へ」をタップ

⑷ コードリーダーで納付書のバーコードを読み込む

⑸ 請求内容を確認する

⑹ 支払いを行う

⑺ パスワードを入力する

⑻ 支払い完了

LINEPayアプリダウンロードはこちらから<外部リンク>

PayB<外部リンク> 【リアルタイム口座振替】

PayBのアプリを起動します。

⑴ バーコードをスキャンし暗唱番号を入力

⑵ 支払いを行う

⑶ 支払い完了

PayBアプリダウンロードはこちらから<外部リンク>

アプリで納付できない納付書

⑴ 納付書1枚の金額が30万円を超えているもの

⑵ バーコードが印字されていないもの

⑶ バーコードの読取りができないもの

⑷ 金額を訂正したもの

⑸ 納期限と発行日のうち遅いほうの日の翌日から14日を過ぎたもの

納税証明書

⑴ 納税通知書に添付の軽自動車税(種別割)納税証明書(継続検査用)は、領収印が押印されないため使用できません。

⑵ 納税証明書を発行できるのは、納付手続きを完了した日からおおむね2開庁日以降となります。

⑶ すぐに納税証明書が必要な方は、金融機関、コンビニまたは役場会計窓口で納付していただき、税務課窓口で領収証書を提示し、申請してください。

注意事項

⑴ 決済手数料はかかりませんが、通信料は利用者負担です。

⑵ 納付操作の完了後は、納付の取消しはできません。

⑶ アプリを利用して納付された場合は、納付書に納付済みである旨を記載していただくか、使用した納付書を破棄するなど、二重に納付されないようご注意ください。

⑷ 支払い金額以上の残高がない場合は、ご利用いただけません。

⑸ クレジットカード支払いには対応していません。

 

 このページに関するお問い合わせ先


〒497-8601 愛知県海部郡蟹江町学戸三丁目1番地

Tel:0567-95-1111 Fax:0567-95-9188

〇町県民税・固定資産税・軽自動車税(種別割):税務課(内線171・181)

〇国民健康保険税・後期高齢者医療保険料:保険医療課(内線142・148)

〇介護保険料:介護支援課(内線134)