ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 政策推進室 > ふるさと振興課 > 小酒井不木原案 ショートムービー第4弾「眠り薬」を制作しました(2023年1月25日公開)

本文

更新日:2023年1月25日公開 印刷ページ表示

小酒井不木原案 ショートムービー第4弾「眠り薬」を制作しました(2023年1月25日公開)

 令和元年度から町出身の探偵小説家・小酒井不木(こさかいふぼく・1890年(明治23年)~1929年(昭和4年))の顕彰と、作品の掘り起こしによるプロモーション事業を実施しており、この度、ミステリー作品「眠り薬(ねむりぐすり)」を原案としたショートムービー第4弾を制作しました!

 これまで「死体蝋燭」(2020年)、「安死術」(2021年)、「網膜現像」(2022年)と小酒井不木作品をショートムービー化しており、今回はそれに続く第4弾です。

 前3作と雰囲気がガラッと変わり、ストーリーは原作を大胆に現代設定にアレンジしました。

 また、本作も日本の映画界を牽引している堤幸彦監督の協力を得て制作し、豪華キャスト陣の演出によりハラハラ、ドキドキするサスペンスストーリーとなっています。 

 ※ショートムービー事業に関する事業はコチラ

ショートムービー第4弾「眠り薬(ねむりぐすり)」

〇あらすじ
 
 さえない大学院生「伊吹タカミチ」は、あるパーティーで絶世の美女・桜宮テルコと出会う。一目ぼれしたタカミチに、テルコはある相談を持ち掛ける。それは彼女が世話になっている横尾教授に近づきあることをして欲しいという依頼だった。テルコと二人きりでゆっくり会いたい気持ちから、タカミチはその依頼を引き受けるが...
 
 制作:蟹江町
 監督・脚本:藤原知之
 出演:水野勝、小高サラ、咲坂実杏、秋田卓郎(蟹江町出身)、菅沼翔也(安死術主演)、
    西川千雅 ほか
 協力:堤幸彦、かにえフィルムコミッション
 
「眠り薬」プレスリリース [PDFファイル/1.1MB]
 
 眠り薬1
 
 眠り薬
 
 2023年1月25日(水)午前0時から 蟹江町公式Youtubeチャンネルで公開中です。
 ぜひ、みなさまご覧ください。

 蟹江町では、第1弾「死体蝋燭」、第2弾「安死術」、第3弾「網膜現像」を制作しています。

「ミステリーの町・蟹江町」が手掛ける当事業に今後ともご注目下さい。


 ※第1弾「死体蝋燭」についてはこちらをご覧ください。 
  小酒井不木原作のミステリー作品「死体蝋燭」のショートムービーを制作しました(2020年)

 ※第2弾「安死術」についてはこちらをご覧ください。
  小酒井不木原作のミステリー作品「安死術」のショートムービーを制作しました(2021年)

 ※第3弾「網膜現像」についてはこちらをご覧ください                                       

  小酒井不木原作のミステリー作品「網膜現像」のショートムービーを制作しました(2022年)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)