ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 企業・産業・観光 > 観光 > 蟹江町の魅力 > 小酒井不木原作のショートムービー第2弾「安死術」を制作しました(2020年)

本文

更新日:2021年2月11日公開 印刷ページ表示

小酒井不木原作のショートムービー第2弾「安死術」を制作しました(2020年)

 現在蟹江町では、町出身の探偵小説家・小酒井不木の再興事業として、昨年よりその作品の映像化に取り組んでいます。
 今回も前作「死体蝋燭」(YouTube<外部リンク>で公開中)に引き続き、映画監督・堤幸彦氏の協力を受け、大正15年(1926年)作のミステリー作品「安死術」をショートムービーとして蘇らせました。

 出演者には「名古屋おもてなし武将隊」で二代目豊臣秀吉を務めた菅沼翔也さんを始めとした実力派俳優陣と、前作に続き堤監督とも親交が深く、日本舞踊・五大流派の一つ「西川流」家元で、「名古屋をどり」で有名な西川千雅さんが案内役として登場します。
 また、今回は特別に堤監督自身も役者として出演しているシーンも見どころです。

 本作は、原作より約30年後の蟹江町に舞台を設定し、そこにある小さな医院で展開される緊迫したストーリーとなっています。「安楽死」という現代的なテーマはおよそ100年前に書かれたとは思えない内容です。また、安楽死を中心に据えながらも、医師としての信念と、父としての思いの間で揺れ動く主人公の心の葛藤など、人間が持つ弱さや運命の皮肉さを描いた作品に仕上がっています。
 堤監督曰く「およそ官公庁が作ったとは思えない作品」である衝撃の本作を、ぜひご覧ください。

ショートムービー第2弾「安死術」

 制作:蟹江町
 出演:菅沼翔也
    西川千雅 ほか
 協力:堤幸彦
    かにえフィルムコミッション
    東海アクション
    
〇あらすじ
 昭和初期、大学病院の内科に勤務していた医師・寺田は、終末医療についてある考えを持っていた。郷里の蟹江町に帰郷し、小さな町医者として働きはじめた数年後、「名医」と評判になった彼を運命のいたずらが襲う...
 
 ショートムービー「安死術」 (本編13分)<外部リンク>

 ※本作の制作にあたっては、円滑な撮影ができるように、かにえフィルムコミッションがさまざまな面からロケ支援を行いました。
 かにえフィルムコミッションとは、蟹江町・蟹江町商工会・蟹江町観光協会からなる組織で、映画・ドラマ・CMなどのあらゆるジャンルのロケーション撮影の誘致・支援を行っています。

ミステリー作家 小酒井不木

 小酒井不木(こさかいふぼく)は、大正後期から昭和初期という日本の探偵小説黎明期に活躍した、まさに探偵小説家の草分けと言っていい人物です。江戸川乱歩が世に出るのを後押しし、その乱歩から執筆を勧められ、それまでの海外ミステリーの翻訳・紹介から創作にも進出した不木は大正13年(1924年)から昭和4年(1929年)、38歳で夭折するまでのわずか5年間に、日本初のSF小説と言われる「人工心臓」など140を超える小説作品を世に送り出しました。しかしその数々の作品も、死後90年以上が経過してパブリックドメインとなっており、一部は青空文庫などで読めるものの、多くの作品は絶版・廃版となっています。
 不木は多くの作品を残しただけでなく、日本の探偵小説の黎明期において、その分野を定着させるべくさまざまな活動をし、親交が深かった江戸川乱歩や「金田一耕助」シリーズを生んだ横溝正史に対して、ミステリー作家としての道を示した人物です。
 彼らにも大きな影響を与え、推理探偵小説というジャンルを確立させた不木にスポットが当てられないのは、日本のミステリー界にとって大きな損失です。
 
 詳しくはこちらをご覧ください。  蟹江町出身の探偵小説家・小酒井不木について知ろう!

ショートムービー事業

 不木が残した名作の数々は、およそ100年という長い年月を経た現代においても色褪せることはありませんが、現在彼の名を耳にすることは少なくなっています。
 
 不木という名前の由来ともなった「初めは頭角を現さずに、後から頭角を現すのが本当の人間だ」という漢文の言葉のように、今こそ彼の作品を映像というかたちで現代に蘇らせ、その魅力を世間にPRしていこうという取り組みがこのショートムービー事業です。

 蟹江町では、昨年度第1弾として制作した「死体蝋燭」と、今作「安死術」に加え、第3弾の制作も計画中です。
 「ミステリーのまち・蟹江町」が手掛ける当事業に今後ともご注目ください。 


 ※第1弾「死体蝋燭」についてはこちらをご覧ください。 
  小酒井不木原作のミステリー作品「死体蝋燭」のショートムービーを制作しました(2019年)