ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 企業・産業・観光 > 観光 > 歴史・文化・祭り > 小酒井不木小説作品の朗読会を行います

本文

更新日:2021年10月1日公開 印刷ページ表示

小酒井不木小説作品の朗読会を行います

イベント内容

 日本探偵小説の黎明期に活躍した蟹江町出身のミステリー小説家・小酒井不木(こさかいふぼく)の小説作品の朗読会を行います!

 今回は小酒井不木作品の中から「お寺」を舞台とした小説作品を「実際のお寺の本堂」を舞台として行います。朗読に合わせての音響・照明の演出もあり、臨場感たっぷりの朗読をお楽しみいただくことができます。

 また、朗読作品の一つである「遂に鐘は鳴った」は、掲載書籍が絶版となっており、インターネット上でも読むことのできない作品となっております。

 ぜひ、お寺での不木作品朗読会にご参加ください!

小酒井不木朗読会チラシ

 チラシダウンロード [PDFファイル/2.15MB]

朗読作品紹介

◇ 「遂に鐘は鳴った」(昭和3年発表)
 とある港町で信仰の中心となっているお寺に大梵鐘を寄進する話が持ち上がる。
 しかし鋳造を担当した鋳物師兄弟はライバルの妨害により失敗してしまう。
 自らのプライドのため、そして町の人々のため、再鋳造に賭ける兄弟の職人魂と執念が思わぬ展開を生み、衝撃の結末を迎える...。

◇ 「死体蝋燭」(昭和2年発表)
 荒れ狂う嵐の夜、とあるお寺の本堂で小坊主・法信は和尚から驚きの告白を受ける。
 嵐の本堂という隔離された密室に二人きりの状況の中、心理的に追い詰められていく法信。
 果たして和尚の告白の意図は!?

開催日時

2021年10月30日(土曜日)

◇ 1回目12時~

◇ 2回目16時~

各回、1時間10分を予定しています。

内訳:朗読(1)(約30分)→休憩(10分)→朗読(2)(約30分)

募集人数

各回30名  ※先着順
予定枠が埋まり次第受付終了になります。

参加費

無料

参加方法

下記URLより応募フォームにアクセスし、必要事項を入力してご応募ください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScpmGgF33UaLmWbNYH0X02tSxzqxR1E_xoJEWo3_z6Ei-cngw/viewform<外部リンク>

受付完了次第、メールにて案内をお送りします。

会場・アクセス

場所:蟹江山 常楽寺 龍照院

住所:愛知県蟹江町大字須成字門屋敷上1364

アクセス:JR蟹江駅北口より徒歩15分

駐車場は観光交流センター駐車場をご利用ください。

※ 駐車場案内 http://saito-kanie.jp/access/<外部リンク>

駐車場に限りがありますので、できる限り公共交通機関をご利用ください

その他

・新型コロナウイルス感染防止対策にご協力ください。

・会場では入場時に検温と手指消毒を行い、会場内ではマスク着用を必須とします。

・実施が困難になった場合は延期となる場合があります。その場合、参加者には個別にメールにて連絡をします。

問合せ

蟹江町観光交流センター 祭人

開館時間:9時~17時

休館日:月曜日
※ 月曜日が祝日の場合は翌平日

TEL・FAX:0567-58-3310

E-mail:saito_roudoku@funai-as.co.jp

HP:http://saito-kanie.jp/<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)