ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習・スポーツ > 生涯学習・社会教育 > 令和4年度生涯学習まちづくり推進町民大会

本文

更新日:2022年6月17日公開 印刷ページ表示

令和4年度生涯学習まちづくり推進町民大会

生涯学習まちづくり推進町民大会について

 

開催目的

  生涯学習まちづくり推進町民大会は、生涯学習推進事業・青少年育成推進事業・家庭教育推進事業の3つの大会を平成7年に1つの大会に統一し、皆さんが一同に会し集うことで、「生涯学習」のより一層の意識高揚を図り、本町の生涯学習を推進していくことを目的として実施します。

開催日時

 令和4年7月3日(日曜日)

 開場 午後0時30分
 開演 午後1時

会場

 蟹江中央公民館 集会室(ホール) ※定員245名

入場料

 無料

プログラム

 第1部 生涯学習の発表(午後1時~)

  蟹江北中学校吹奏楽部による演奏

  大会宣言

  生涯学習の取り組み

  中学生の主張

 第2部 文化交流会(午後2時頃~午後3時30分頃)

  蟹江町文化協会所属 須成鼓笛保存会(須成祭囃子、神子太鼓)

  沖縄県読谷村 座喜味棒保存会(棒術、エイサー)

生涯学習の発表

実践発表

 1 蟹江北中学校吹奏楽部

    時間:午後1時から(20分程度演奏します。)

 

 2 大会宣言

 

 3 生涯学習の取り組み

   蟹江町の生涯学習事業について、分かりやすく説明します。

 

 4 中学生の主張

   日ごろの生活の中で、思うこと、感じることなど各中学校の代表1名に発表していただき

  ます。

   【発表者】

   蟹江中学校   3年生  乾 顕芯 (いぬい けんしん) さん

   テーマ 「進取果敢にこいでゆけ!」

   蟹江北中学校  3年生  戸塚 結々実 (とつか ゆゆみ) さん

   テーマ 「自分らしく生きる」

文化交流会

出演団体

須成鼓笛保存会 (須成祭囃子、神子太鼓)

 須成鼓笛保存会は、平成28年12月1日に「山・鉾・屋台行事」として、ユネスコ無形文化遺産

に登録された須成祭の宵祭・朝祭の際に神社境内で「神子太鼓」を演奏する役割を果たしていま

す。

 また、須成祭囃子の笛の演奏や太鼓の指導を行っており、須成祭の伝承に欠かせない存在で

す。

 
   1

 沖縄県読谷村 座喜味棒保存会 (棒術、エイサー)

 座喜味棒保存会は、1975年に結成され、地域の人々により代々受け継がれてきました。

 座喜味棒術の歴史は古く、約500年の歴史を持っており、心・技・体を基本とした11種類の型

があり、何よりも「実践型」であるのが特徴です。

   1

その他

物販

 沖縄県と蟹江町の商品の販売を行います。

 販売は開場午前11時30分頃からです。

 ※数に限りがございますので、ご容赦ください。

連絡事項

※駐車場に限りがありますので、なるべく乗り合わせか、徒歩・自転車でお越しください。

※お車でご来場の方は、蟹江町職員駐車場・学戸グラウンドをご利用ください。

※蟹江町役場周辺での路上駐車はご遠慮ください。

  ご協力よろしくお願いします。

 学戸グラウンド臨時駐車場 [PDFファイル/371KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)