ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 民生部 > 健康推進課(保健センター) > 日本脳炎ワクチンが不足しています

本文

更新日:2021年2月10日公開 印刷ページ表示

日本脳炎ワクチンが不足しています

日本脳炎ワクチンが不足しています

  日本脳炎の予防接種ワクチンについて、製造元の1社にて製造上の問題が生じたため、製造が一時停止した期間がありました。現在製造は開始しておりますが、ワクチンの供給量が、令和3年4月から9月までの間、例年の供給量の半分程度になると厚生労働省より通知がありました。

 このことにより、ワクチンの流通状況から令和3年4月から11月までの間は、通常より日本脳炎の予防接種の予約が取りづらい状況となります。令和3年10月からは供給量を増やすため、増産を行い不足分を補うとのことです。

接種の優先順位

  日本脳炎ワクチンの供給量が安定するまでの間は、4回接種のうち1期の2回接種(1回目と2回目)の接種を優先することとなっています。
 だたし、定期予防接種として接種が受けられる年齢の上限が近づいている場合には、接種が受けられますので、お早めに医療機関にご相談ください。

第2期の通知を延期します

  厚生労働省からの優先順位の通知を受け、蟹江町では、令和3年度に第2期の対象となる方への予診票の発送を延期することとしました
 
日本脳炎第2期の対象者の皆さまは、供給量が回復するまで接種をしばらくお待ちください。

 ◆予診票の発送が延期となる方

  第2期     平成24年4月1日から平成25年3月31日生まれの方
           (令和3年度に9歳になる方)

  予診票発送再開時期:令和4年度

 当面の間、ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。
 ご不明な点は健康推進課までお問合せ下さい。