ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

更新日:2022年7月1日公開 印刷ページ表示

熱中症に注意しよう

熱中症からカラダを守ろう!

熱中症について注意することは?

こんな日は注意が必要です

  熱中症は気温などの環境条件だけでなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも以下のような日は熱中症に注意が必要です。

  1. 気温や湿度が高い
  2. 風が弱い
  3. 急に暑くなった

高齢者は特に注意が必要です

  1. 体内の水分量の減少体内の水分量
    高齢者は体内の水分量が少ない上、体の老廃物を排出する際に 沢山の尿を必要とします。
  2. 暑さに対する感覚機能の低下
    加齢により、暑さや喉の渇きに対する感覚が鈍くなります。
  3. 暑さに対する体の調節機能の低下
    高齢者は体に熱がたまりやすく、暑い時は若年者よりも循環系への負担が大きくなります。

 (出典:環境省「熱中症環境保健マニュアル(2022)」より作成)

このような症状は注意が必要です

注意すべき症状
軽い(注意!) やや重い(危険!!) 重い(緊急事態!!!)
・気分が悪い ・吐き気、嘔吐 ・意識がない
・めまい、立ちくらみ ・頭痛 ・けいれん
・筋肉のけいれん ・体がだるい ・まっすぐ歩けない、走れない
・手足のしびれ ・意識がなんとなくおかしい ・体温が高い

→脇の下や首筋を冷やし、体を冷やすイラスト
水分・塩分を補給

→すみやかに医療機関を受診
病院のイラスト

→すぐに救急車を呼び、
到着まで体を冷やす
救急車のイラスト

(環境省「熱中症環境保健マニュアル(2022)」より)

熱中症対策について

 (1)のどが渇いていなくても1日1.2L以上の水分補給

 体内の水分量は1日の水分摂取と排泄により一定に調節されています。体内の水分摂取量と排泄量のイラスト
一般的に、人の1日の水分出納は約2.5Lです。夏場は汗をかく分、意識して水分の摂取を心がけてください。
ポイント1:朝1.2L以上の水分を用意しておいてください。
ポイント2:マスクをしているとのどの渇きを感じにくくなるため、「1~2時間ごとにコップ1杯の水分補給をしてください。 

(出典:環境省「熱中症環境保健マニュアル(2022)」より作成)

(2)エアコンを使用し、涼しい環境づくりをする

  高齢者の熱中症による死亡者のほとんどが「屋内」で「エアコン未使用」です。エアコンで涼む男性
近年は夜間でも気温が下がりにくく、就寝時にも注意が必要です。
室温28℃以下、湿度70%を目安にしてください。
ポイント1:扇風機は暑い部屋で使用しても暑いままなので、室温を下げた状態で使用してください。 
ポイント2:リモコンの設定温度ではなく、温湿度計で室内の状態を確認してください。 

(3)通気性のよい服装をこころがけ、外出時は日傘や帽子を使用する

 ゆったりした服装で、衣服の中や体の表面に風をとおし、体から出る熱と汗を日傘をさす女性のイラスト
できるだけ早く逃がしましょう。
ポイント1:帽子は時々はずして、汗の蒸発を促しましょう。
ポイント2:吸水性・速乾性に優れた綿、麻、ポリエステルの素材を活用してください。

熱中症に関する資料

▷環境省ウェブサイト
 環境省のウェブサイト「環境省熱中症予防情報サイト」では各種普及啓発資料や、熱中症のかかりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)」を公表しています。
「環境省熱中症予防情報サイト」(https://www.wbgt.env.go.jp<外部リンク>)  

▷厚生労働省ウェブサイト
 厚生労働省のウェブサイト「熱中症関連情報」では、熱中症予防に対する厚生労働省の取組や、職場における労働衛生対策などを掲載しています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/index.html<外部リンク>

▷熱中症予防のために
厚生労働省 熱中症予防のために [PDFファイル/541KB]

▷熱中症予防×コロナ感染予防
厚生労働省 熱中症予防とコロナ感染予防 [PDFファイル/561KB]

▷高齢者のための熱中症予防
高齢者のために熱中症対策 [PDFファイル/3.31MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)