ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連の給付金・協力金 > 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金について

本文

更新日:2021年7月1日公開 印刷ページ表示

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金について

 

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金

  新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親・ふたり親子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、食費等による支出の増加の影響を検討し、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。

1-1.対象者(ひとり親世帯分)

18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童(障害児の場合は20歳未満)を監護する、下記のいずれかに該当する方が支給対象です。

  (1)令和3年4月分の児童扶養手当受給者の方

  (2)公的年金等を受給していることにより、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けていない方

  (※公的年金等とは、遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などを言います)

  (3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

1-2.支給額(ひとり親世帯分)

  児童1人当たり一律5万円

1-3.給付金の支給手続き(ひとり親世帯分)

(1)令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けている方

 ・申請は不要です。
 ※(1)に該当する方に関しては、令和3年4月末に振り込み済みです。

(2)公的年金等を受給している方

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

(2)及び(3)に該当する方は、

申請が必要です。蟹江町役場子ども課にて申請書等をお渡しします。

申請受付期間は、令和4年2月28日(月曜日)までです。

2-1.対象者(ひとり親世帯以外分)

以下の(1)(2)の両方に該当する方が対象です。

 (1)令和3年3月31日時点で18歳未満の児童(特別児童扶養手当の支給対象である障がい児の場合は、20歳未満)を養育する父母等(令和4年2月末までに生まれた新生児等も対象になります)

 (2)令和3年度住民税(均等割)が非課税の方、または令和3年1月1日以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった方

(注1)子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)をすでに受給された方は対象外です。

2-2.給付額(ひとり親世帯以外分)

児童一人当たり一律5万円

■支給にあたっては、申請が不要な場合と必要な場合があります。

2-3.給付金の支給手続き(ひとり親世帯以外分)

(1)令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で住民税非課税の方

・申請は不要です。

令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当を支給している口座に振り込みます。

【ご注意ください!】

※給付金の支給を希望しない場合は、7月14日までに受給拒否届出書 [PDFファイル/87KB]を提出してください。

※児童手当または特別児童扶養手当の支給にあたって指定していた口座を解約しているなど、給付金の支給に支障が出る恐れがある場合は、7月14日までに支給口座登録等の届出書 [PDFファイル/115KB]を提出してください。

(2)上記2-3-(1)以外の方(例:高校生のみ養育している方、収入急変の方)

 ・給付金を受け取るには申請が必要です。

 ・申請書に振込先口座などを記入して、必要書類とともに蟹江町役場子ども課の窓口に直接提出してください。

 ・給付金の支給要件に該当する方に対して、申請内容を確認して指定口座に振り込みます。

【給付金(ひとり親世帯以外)に関する Q & A】

蟹江町低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金について [PDFファイル/333KB]

問合先

 ★厚生労働省「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)」コールセンター

  電話:0120-400-903(受付時間:平日午前9時から午後6時)

     ホームページ:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11456.html<外部リンク>

 ★厚生労働省「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外)」コールセンター

  電話:0120-811-166(受付時間:平日午前9時から午後6時)

  ホームページ:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_18013.html<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)