トップページ > 組織でさがす > 保険医療課 > 国民年金

国民年金

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月9日

国民年金は、老後や万が一の事態に備え、互いに保険料を出しあい、支えあう制度です。

■加入するかた

  日本国内に住む20歳以上60歳未満のかたは、すべて国民年金に加入することになります。
  加入者(被保険者)は、次の種類に分かれます。

●第1号被保険者

農業、自営業者、学生などで、日本国内に住所のある、20歳以上60歳未満のかた

●第2号被保険者

厚生年金や共済組合などの被保険者本人

●第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満のかた

●希望で加入するかた(任意加入被保険者)

  1. 日本国内に住所のある60歳以上65歳未満のかた
  2. 海外に在住している20歳以上65歳未満の日本人
  3. 被用者年金制度(厚生年金など)の老齢(退職)年金の受給者で、20歳以上60歳未満のかた
  4. 受給権を満たしていないかたは、65歳から70歳までの間で受給権を満たすまで加入できます。
    ※60歳以上のかたの保険料の納付方法は、口座振替が原則です。

 ■保険料

   国民年金保険料は、基礎年金を払うための一番大切な資源です。

  • 保険料は、20歳から60歳までの40年間納めることになっています。
  • 老齢基礎年金を受けるためには、最低25年以上保険料を納めることが必要です。
  • 保険料は、年齢・所得・性別に関係なく、一律です。(平成25年度:一ヶ月あたり15,040円)

●納め方

1. 第1号被保険者

納付の種類納付方法手続き
納付書による納付毎月納付、一年前納、半年前納などの方法があります。
前納や口座振替・クレジットカードによる納付にすると、保険料の割引があります。
第1号被保険者資格取得の手続き後、年金事務所(日本年金機構)から納付書が送られます。
口座振替金融機関または保険医療課の窓口で手続きをしてください。(年金手帳・印鑑・金融機関の届出印・金融機関の口座が必要です。)
クレジットカード納付保険医療課の窓口で手続きをしてください。(年金手帳・クレジットカード・印鑑が必要です。)

※印鑑はスタンプ印は使用できません。

2. 第2号被保険者

毎月の給料から天引きされます。

3. 第3号被保険者

厚生年金・共済組合から必要な額だけ拠出金としてまとめて支払いますので、自ら納める必要はありません。

●保険料の未納

  • 保険料を未納のままにしておくと、老齢基礎年金だけでなく、もしものとき、障害基礎年金・遺族基礎年金も受けられないことがあります。
  • 保険料を納めるのが難しいかたは、保険料免除・納付猶予制度を活用しましょう。
  • 学生のかたは、学生納付特例制度を活用しましょう。

●社会保険料控除

納めた国民年金保険料の金額は、年末調整や確定申告をするときに控除されます。

■支給される国民年金の種類

●老齢基礎年金

保険料を納めた期間、保険料を免除された期間と合算対象期間(※)とを合計した期間が原則25年(300月)以上あるかたに支給されます。
 ※合算対象期間(カラ期間)
   1. 昭和61年3月以前に国民年金に任意加入できる人が任意加入しなかった期間
   2. 平成3年3月以前に学生であるため、国民年金に任意加入しなかった期間
   3. 昭和36年4月以降、海外に住んでいた期間
      いずれも20歳以上60歳未満の期間

●障害基礎年金

国民年金の被保険者期間中に初診日がある病気やケガがもとで、決められた障がいの状態(1級・2級障がい)になったときに支給されます。

●遺族基礎年金

被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間を満たしたかたが死亡したとき、そのかたによって生計を維持されている18歳に達する年度末までの子(その子に障がいがある場合は20歳末満)のある妻または子に支給されます。

●老齢福祉年金

明治44年4月1日以前に生まれたかたに70歳から支給されます。ただし国民年金の5年年金や10年年金を受けているかたは除きます。また、本人および配偶者・扶養義務者の所得額により、一部または全部支給停止になる場合があります。