トップページ > 組織でさがす > 保険医療課 > 国民年金後納制度について

国民年金後納制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月1日

国民年金保険料「10年の後納制度」は9月30日まで

「10年後の後納制度」は、過去10年間に納め忘れた国民年金保険料を納付することが出来る仕組みです。(本来、国民年金保険料は2年を経過すると時効により納付することが出来ません)。この制度を利用すれば、将来の年金額を増やすことが出来ます。

「10年の後納制度」は、平成27年9月30日をもって終了します。

終了後、平成27年10月1日から3年間に限り、過去5年間に納め忘れた国民年金保険料を納付することができる「5年の後納制度」が始まりますが、10年の後納制度よりも納付出来る期間が短く、保険料の加算額が高くなります。

なお、老齢基礎年金を受給している方などは、後納制度は利用できません。

後納制度を利用するには、申し込みが必要です。詳しくは「国民年金保険料専用ダイヤル」(0570-011-050)またはお近くの年金事務所へお問い合わせください。