トップページ > 組織でさがす > 住民課 > 通知カード送付に係る居所情報の登録が間に合わなかった等の方、通知カードの受取り後に新たにDV等被害者となった方へ

通知カード送付に係る居所情報の登録が間に合わなかった等の方、通知カードの受取り後に新たにDV等被害者となった方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月5日

通知カード送付に係る居所情報の登録が間に合わなかった等の方、通知カードの受取り後に新たにDV等被害者となった方へ

やむを得ない理由によりマイナンバーの記載がされた通知カードを住民票の住所地で受け取ることが出来ない方、または受け取ることが出来なかった方は居所情報登録申請書を住民票のある住所地の市区町村に持ってくるか、郵送して下さい。

申請が必要な方

2

やむを得ない事情(東日本大震災による被災、ドメスティック・バイオレンス(以下「DV」という。)長期入院・入所等)がある方は、住民票の住所地では通知カードを受け取ることができなかったり、住民票の住所地に送付された通知カードをDV等の加害者が受け取ってしまうことが想定されます。

住民票の住所地と異なる場所(以下「居所」という。)にお住まいの方は、居所に生活の本拠がある場合には居所に住民票を異動していただくことが基本ですが、上記のような方については、居所情報を登録(居所情報登録申請書を住民票のある市区町村窓口に提出)していただくことによって、居所に通知カードを送付することも可能ですので、該当する方は居所情報の登録申請をお願いします。

(なお、DV等被害者の方は、転入した市区町村に対して「DV等支援措置」を申し出てください。申出により「DV等支援対象者」となった場合には、ご自身の転入先の新しい住所について、加害者が「住民基本台帳の一部の写しの閲覧」、「住民票の写し等の交付」及び「戸籍の附票の写しの交付」の請求によって知ろうとしても、これらの請求を制限する措置が講じられます。)
※ 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類がDV等の加害者などの第三者が保有している可能性がある場合には、第三者による「なりすまし」のおそれがありますので、現在お住まいの場所(居所)のある市区町村への転入とDV等支援措置の申出をご検討ください。詳しくは、お近くの市区町村にお尋ねください。

登録に必要なもの

【提出書類】

1 居所情報登録申請書

※長期入院・入所している方は医療機関等に長期入院・入所している見込みの記入が申請書に必要になります。

また、記載例については下記の居所情報登録申請書ダウンロードをご確認お願いします。

【添付書類】

2 対象者の本人確認書類(運転免許証など)

3 居所に居住していることを証明する書類(入院・入所を証明する書類、公共料金の領収書等など)

4 代理権を証明する書類(委任状など)

5 代理人の本人確認書類(運転免許証など)

※4、5の書類は代理人が申請する場合のみ必要です。

居所情報登録申請書ダウンロードについて

または、お近くの市区町村などで入手頂けます。

申請場所

記の書類を添付した申請書を

住民票のある市区町村に持ってくるまたは郵送してください。

お問合せ先

マイナンバー総合サイト

電話番号

 内容

もしくは、住民票の住所地の市区町村にお問合せください。