トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 決算 平成24年度

決算 平成24年度

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月1日

平成24年度蟹江町歳入歳出決算の状況

 平成24年度の主要事業として小中学校施設整備事業、蟹江町体育館改修事業、災害対応特殊救急自動車整備事業や蟹江城址整備事業を遂行し、所期の目的を達成することができました。
 平成24年度の決算額は、一般会計及び特別会計を合わせ予算額16,436,157,000円に対し、歳入総額は16,508,023,353円(前年度比2.1%減)、歳出総額は15,735,327,576円(前年度比3.0%減)となっており、予算額に対する歳入決算総額の割合は100.4%、歳出決算総額の割合は95.7%であります。

決算の概要

 一般会計の主な歳入科目について前年度と比較しますと、自動車取得税交付金13,119,000円(前年度比33.0%増)、寄付金71,200円(前年度比13.9%増)、配当割交付金1,390,000円(前年度比10.1%増)の増加となっております。
 これに対し、地方特例交付金34,593,000円(前年度比57.3%減)、財産収入7,594,748円(前年度比45.5%減)、町債286,400,000円(前年度比31.9%減)の減少となっております。
 また、主要な歳出科目について前年度と比較しますと、商工費26,544,541円(前年度比19.2%増)、農林水産業費12,354,834円(前年度比12.4%増)が増加しており、土木費349,070,445円(前年度比41.3%減)、議会費26,726,331円(前年度比18.4%減)が減少しております。

一般会計(単位:円)

区分平成24年度平成23年度
歳入総額
(対前年度比)
(A)

9,489,329,985
(93.5%)

10,150,244,847
(99.5%)

歳出総額
(対前年度比)
(B)

9,007,267,077
(92.6%)

9,726,246,684
(100.8%)

歳入歳出差引 (A)-(B)(C)482,062,908423,998,163
翌年度へ繰越すべき財源(D)45,756,00010,431,000
実質収支(C)-(D)(E)436,306,908413,567,163
単年度収支(F)22,739,745△120,916,055
積立金(財政調整基金)(G)609,575,800281,610,069
繰上償還金(H)00
積立金(財政調整基金)取り崩し額(I)300,000,000200,000,000
実質単年度収支 (F)+(G)+(H)-(I)(J)332,315,545△39,305,986

特別会計(単位:円)

区分歳入(A)歳出(B)差引((A)-(B))
国民健康保険事業特別会計3,717,974,4383,519,972,179198,002,259
土地取得特別会計29,367,05529,367,0550
介護保険管理特別会計1,841,146,6411,771,226,58269,920,059
コミュニティ・プラント事業特別会計9,326,7258,858,739467,986
公共下水道事業特別会計793,866,445774,946,57718,919,868
後期高齢者医療保険事業特別会計627,012,064623,689,3673,322,697

特別会計とは…地方公共団体の会計はすべての歳入、歳出などを単一の会計で経理することが原則となっていますが、個々の事業の損益や資金の運営実績などが不明とならないよう、特別な事業について例外的に設ける独立の会計をいいます。

財政状況

一般会計の状況は以下のとおりとなっています。

 歳入の状況(単位:円、%)

区分平成24年度平成23年度
決算額構成比前年度比決算額構成比前年度比
町税

5,033,686,806

53.0101.74,948,383,52548.8

98.9

地方譲与税90,455,1240.992.997,368,1191.097.5
利子割交付金16,458,0000.283.019,824,0000.285.0
配当割交付金15,180,0000.2110.113,790,0000.1109.3
株式等譲渡所得割交付金3,563,0000.0108.3

3,291,000

0.078.5
地方消費税交付金344,228,0003.6100.0344,117,0003.4100.9
自動車取得税交付金52,832,0000.6133.039,713,0000.482.5
地方特例交付金25,800,0000.342.760,393,0000.691.6
地方交付税692,156,0007.3101.3683,349,0006.7115.9
交通安全対策特別交付金7,731,0000.1102.87,522,0000.196.4
分担金及び負担金303,603,5263.299.4305,552,1713.0101.4
使用料及び手数料86,884,0330.9103.583,966,4190.895.7
国庫支出金701,948,3957.484.4831,287,9498.286.0
県支出金519,988,1385.572.8714,599,5037.1120.2
財産収入9,106,7850.154.516,701,5330.267.7
寄付金582,5720.0113.9511,3720.043.1
繰入金322,550,4693.4106.4303,085,3333.0118.9
繰越金423,998,1634.576.8551,766,2185.4111.2
諸収入226,977,9742.4100.0227,023,7052.285.2
町債611,600,0006.468.1898,000,0008.888.6
合計9,489,329,985100.093.510,150,244,847100.099.5

地方税の状況(単位:円、%)

区分

平成24年度

平成23年度
決算額構成比決算額構成比
町民税2,532,139,50150.32,426,508,82549.1
 個人2,155,217,24642.82,069,174,92541.8
法人376,922,2557.5357,333,9007.3
固定資産税2,205,427,99843.82,232,715,69245.1
軽自動車税47,516,4561.045,292,9160.9
町たばこ税243,302,3704.8238,088,7994.8
入湯税5,297,8000.15,774,3000.1
都市計画税2,6810.02,9930.0
合計5,033,686,806100.04,948,383,525100.0
町税の
徴収率
現年分98.398.2
滞納繰越分35.625.0
合計93.491.9

●町民1人あたりが負担した税金

町民1人あたりが負担した税金

※平成25年3月31日現在の人口37,481人で算出

目的別歳出の状況(単位:円、%) 
区分平成24年度平成23年度
決算額構成比決算額構成比
議会費118,729,8911.3145,456,2221.5
総務費1,645,212,41518.3

1,483,757,325

15.2
民生費3,206,023,42835.63,770,890,37738.8
衛生費980,702,55610.91,037,807,96410.7
農林水産業費111,931,3411.399,576,5071.0
商工費164,894,7701.8138,350,2291.4
土木費495,820,8785.5844,891,3238.7
消防費521,298,3255.8465,977,0884.8
教育費1,012,595,90511.21,000,062,07510.3
公債費750,057,5688.3739,477,5747.6
合計9,007,267,077100.09,726,246,684100.0

●町民一人あたりに使われたお金
町民1人あたりに使われたお金
※平成25年3月31日現在の人口37,481人で算出

性質別歳出の状況(単位:円、%)

区分平成24年度平成23年度
決算額構成比前年度比決算額構成比前年度比
消費的経費3,583,559,74239.894.13,808,706,73439.2102.2
 人件費2,034,427,64622.695.42,132,253,32321.999.4
物件費1,466,351,18416.391.21,607,574,49116.6106.1
維持補修費82,780,9120.9120.268,878,9200.7100.6
投資的経費460,763,4125.136.51,262,968,69813.096.1
 普通建設事業460,763,4125.136.51,262,968,69813.096.1
災害復旧費------
その他の経費4,962,943,92355.1106.64,654,571,25247.8101.0
 扶助費 1,631,982,50918.196.11,698,674,99517.5104.6
補助費等930,024,70910.3107.6864,588,7368.996.0
公債費750,057,5688.3101.4739,477,5747.6104.7
積立金609,841,9746.8163.1373,808,3133.889.0
投資及び出資金・貸付金61,000,0000.7100.061,000,0000.6100.0
繰出金980,037,16310.9106.9917,021,6349.4102.4
合計9,007,267,077100.092.69,726,246,684100.0100.8

地方債目的別現在高の状況(一般会計分)(単位:円)

区分23年度末現在高24年度借入額

24年度償還額

24年度末現在高
総務債5,420,842,820600,000,000342,206,8835,678,635,937
民生債668,522,966033,570,401634,952,565
衛生債118,735,432024,358,92794,376,505
土木債394,276,162034,632,964359,643,198
消防債

196,239,332

042,122,895154,116,437
教育債2,268,026,31511,600,000145,898,1602,133,728,155
合計9,066,643,027611,600,000622,790,2309,055,452,797

地方債目的別現在高の状況(下水道事業特別会計分)(単位:円)

区分23年度末現在高24年度借入額24年度償還額24年度末現在高
公共下水道事業2,736,292,728237,000,00034,354,4952,938,938,233

地方債利率別現在高の状況(一般会計分)(単位:円)

区分24年度末現在高件数
2.5%以下8,918,622,85795
2.5%超3.5%以下94,733,7572
3.5%超4.5%以下3,236,1831
4.5%超5.5%以下00
5.5%超6.5%以下38,860,0001
6.5%超7.5%以下00
合計9,055,452,79799

地方債利率別現在高の状況(下水道事業特別会計分)(単位:円)

区分24年度末現在高件数
2.5%以下2,938,938,23348

基金の状況(単位:円)

基金の名称24年度末現在高
財政調整基金1,360,463,371
下水道整備基金1,375,090,087
その他基金1,417,003,073
4,152,556,531

一般会計歳出の主な内容

総務費

  • コミュニティFM放送局施設整備事業補助金 577万円
    海部地区7自治体を放送区域としたコミュニティFM放送局を開局するため、設備投資に必要な初期費用を補助しました。
  • 中学生海外派遣交流事業 532万円
    未来の蟹江町を担う国際性豊かな人材の育成を図ることを目的として、中学生12人を姉妹都市アメリカ合衆国マリオン市へ派遣しました。
  • 標高サイン計測設置業務委託 599万円
    水害対策として、町内主要道路各所および避難所(避難場所含む)の標高を計測後、標高サインなどを設置しました。(町内197か所、内電柱156か所・施設41か所)

民生費

  • 緊急通報システム業務委託 166万円
    65歳以上のひとり暮らしのかたや高齢者のみの世帯などを対象に、急病などの緊急時に迅速に対応する緊急通報システム事業を実施しました。
  • 子ども医療費支給事業 1億6,717万円
    子どもの福祉の増進を図るため、通院費助成を平成20年7月から小学校卒業までに拡大し、入院費助成は、中学校卒業まで実施しています。平成24年7月からは、通院費助成を町単独で中学校卒業まで拡大して実施しました。

衛生費

  • 予防接種事業 7,794万円
    定期予防接種以外に、子宮頸がん、ヒブ、肺炎球菌および高齢者肺炎球菌ワクチンの助成を行いました。
  • 精神保健事業 2,824万円
    自殺予防対策として、「こころの体温計」の導入、ゲートキーパー養成講座などを実施しました。
  • ごみ収集拠点地図電子化事業委託 520万円
    GIS(住宅地図データベース)により、現況の一般ごみ・資源ごみ置場・ペットボトル回収拠点の位置、情報、写真などを集約し、住民などへ適切な位置情報の提供、指導および監視を図るため実施しました。

農林水産業費

  • 本町舟入地区緊急排水施設整備事業負担金 1,832万円
    県営緊急排水施設整備事業として、本町舟入地区の排水機の整備に要する費用の一部を負担し、防災事業の充実を図りました。

商工費

  • 観光案内板設置事業 129万円
    蟹江町に訪れたかたなどへの観光PR案内として、近鉄蟹江駅前に観光案内板を設置し、観光の促進を図りました。
  • 蟹江城址整備事業 2,366万円
    歴史的価値の高い蟹江城址を保存・整備することで、歴史を語る場所として蟹江城址公園を整備しました。

土木費

  • JR蟹江駅バリアフリー化基本計画調査委託 1,829万円
    JR蟹江駅の自由通路および橋上駅舎化の検討を行うために、基本計画調査を行いました。

消防費

  • 海部地方消防指令センター共同運用負担金 9,261万円
    海部地方5消防本部が共同で共同で施設整備をすることで、施設整備費や維持管理費に要する経費を削減し、出動時間の短縮や大規模災害時の処理能力の向上による災害被害の軽減と消防力の充実強化を図りました。
  • 災害対応特殊救急自動車整備事業 2,614万円
    平成9年1月に整備した救急1号車を更新・整備し、機動力の強化と救命率向上のための装備の充実を図りました。

教育費

  • 蟹江町体育館改修事業 1億4,420万円
    町体育館のフロア改修、器具庫・ミーティングルームを新設し、利用者の利便性の向上を図りました。
  • 小学校施設整備事業 2,764万円
    各小学校の施設修繕工事や空調整備工事などを行い、教育環境の充実を図りました。 
  • 中学校施設整備事業 2,911万円
    各中学校の施設修繕工事や空調整備工事などを行い、教育環境の充実を図りました。

財政指数

地方債現在高の推移

 平成24年度末の地方債現在高は、一般会計においては90億5,545万円と前年に比べ1,119万円減少しております。また、平成20年度と比較すると、11億2,724万円増加していることになりますが、近年の小中学校、役場庁舎などの改修や耐震補強工事および蟹江町給食センター建設や蟹江南保育所改築を実施したことに伴う借入が発生したことが主な原因です。一方公共下水道事業特別会計については、平成24年度末は29億3,894万円と前年に比べ2億265万円増加しており、更に平成20年度と比較すると10億2,589万円増加したことになります。公共下水道事業については、平成14年度から事業が始まり、平成16年度からは本格的に管きょの布設工事を開始したことに伴い借入が増加しています。なお、平成20年度から元金の償還が始まっております。
地方債残高の推移

基金残高の推移

 平成24年度末の基金残高は41億5,256万円で、前年と比べ2億9,936万円増加しております。内訳としては、保険給付費支払準備のための国民健康保険支払準備基金において取り崩し額(1,000万円)が積み立て額(2千円)を上回ったため減少しているものの、年度間の財源の不均衡を調整するための財政調整基金において、積み立て額(6億958万円)が取り崩し額(3億)を上回ったことにより、総額で増加となっています。
基金残高の推移