トップページ > 組織でさがす > 消防本部・消防署 > 考えよう!その119番本当に緊急!?

考えよう!その119番本当に緊急!?

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月4日

救急車の適正利用にご協力をお願いします!!

 近年、救急件数が全国的に増加しており、各消防本部で救急事案の対応に追われています。蟹江町では5年前(平成24年中)の1,498件に比べ、昨年(平成29年中)は1,756件(+250件以上)と毎年右肩上がりで救急出動件数が増加しております。
 全国では「指を切った」「蚊に刺されてかゆい」「今日入院予定日だから、病院に行きたい」などで救急車が呼ばれるケースがあります。また搬送された人の約半数が入院を必要としない軽傷という現状もあります。こういった軽い病気やケガで救急車を利用されると、生命の危機にかかわる傷病者の搬送に支障をきたします。また、当町で運用している救急車は2台ですが、すべて出動してしまうと他の市町村からの応援が必要となり、救急隊が行う処置までの時間や病院までの搬送時間がかかってしまいます。
 本当に救急車を必要としている方のために、適正利用にご協力をお願いします。

突然のこんな病状の時にはすぐ119番!!

成人高齢    子供
出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/)

症状の緊急度を素早く判定!救急車を呼ぶ目安に!!

全国版救急診断アプリ“Q助”

 住民の緊急度判定を支援し、利用できる医療機関や受診手段の方法を提供するため、緊急度判定プロトコルver.2(家庭自己判断)を基に作成されたアプリです。該当する症状及び症候を画面上で選択していくと緊急度に応じた必要な対応が表示されます。Q助

 

 

 

 

 

「Q助」 スマホ版 ダウンロード(App Store)

            ダウンロード(Google play)

「Q助」 Web版  Webサイトへ移動

 

 出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/)


Adobe Readerダウンロード PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)