トップページ > 組織でさがす > 消防本部・消防署 > 違反対象物公表制度について

違反対象物公表制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月1日

違反対象物公表制度について

制度の概要

 建物の利用者が、自ら利用する建物の火災危険に関する情報を入手し、安心して建物を利用することができるよう、消防本部が把握する重大な消防法令違反の情報をインターネット上に公表する制度です。

公表対象となる建物

 飲食店、物品販売店舗等の不特定多数の方が利用する建物や病院・社会福祉施設・幼稚園等の一人で避難することが困難な方が利用される建物です。

公表対象となる違反内容

 ・屋内消火栓設備
 ・スプリンクラー設備
 ・自動火災報知設備
 
 以上の設備が建物に設置義務があるにもかかわらず未設置の場合です。

公表制度開始時期について

 平成32年4月1日より公表を開始します。

その他


Adobe Readerダウンロード PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)