トップページ > 組織でさがす > 水道課 > 耐震化状況について

耐震化状況について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月8日

耐震化状況について

 「水道法施行規則の一部を改正する省令」が公布され、水道事業者が水道の需要者に対して、水道施設の耐震性能及び耐震性の向上に関する取り組みなどの状況を毎年1回以上情報委提供することが義務付けられたことから、蟹江町水道事業における取組状況についてお知らせします。

水道管(基幹管路)の耐震化状況

 平成29年度における基幹管路総延長36,537メートルのうち、耐震性のある基幹管路延長は7,525メートルで耐震化率は20.6%となっております。
 今後も計画的な耐震管への更新に努めていきます。

※基幹管路とは、導水管・送水管・配水本管のことをいいます。
※耐震化率とは、管路延長に対する、耐震管の割合のことをいいます。

水道施設の耐震化状況

 平成15年度に施設の耐震診断調査を行い、平成17年度には機械棟の耐震補強工事を行っております。
 今後もより災害に強い水道システムの構築に努めます。