トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 平成30年度生涯学習まちづくり推進町民大会

平成30年度生涯学習まちづくり推進町民大会

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月1日

生涯学習まちづくり推進町民大会について

 まちづくり推進町民大会バナー

開催目的

  生涯学習まちづくり推進町民大会は、生涯学習推進事業・青少年健全育成事業・家庭教育推進事業の3つの大会を平成7年に1つの大会に統一し、皆さんが一同に会し集うことで、「生涯学習」のより一層の意識高揚を図り、本町の生涯学習を推進していくことを目的として実施します。

開催日時

 平成30年7月1日(日曜日)

 開場 午後0時30分
 開演 午後1時

会場

 蟹江中央公民館 集会室(ホール)

入場料

 無料

プログラム

 第1部 生涯学習まちづくり推進町民大会(午後1時~)

  蟹江北中学校吹奏楽部による演奏

  生涯学習の取り組み

  中学生の主張

    大会宣言

 第2部 生涯学習文化交流会(午後2時頃~午後3時20分頃)

  海東流神楽太鼓(かいとうりゅうかぐらだいこ)保存会

  沖縄県読谷村 波平(なみひら)自治会(琉球舞踊・獅子舞)

生涯学習まちづくり推進大会

実践発表

 1 蟹江北中学校吹奏楽部
    時間:午後1時から(20分程度演奏します。)

 2 生涯学習の取り組み
    現在の生涯学習事業について、分かりやすく説明します。

中学生の主張

 日ごろの生活の中で、思うこと、感じることなど各中学校の代表1名に発表していただきます。

 【発表者】

 蟹江中学校   3年生 羽田野 愛華   テーマ 「働く」とは何か

 蟹江北中学校  3年生  四方 奈都美  テーマ 宝物

生涯学習文化交流会

出演団体

海東流神楽太鼓保存会

  海東流神楽太鼓は、尾張南西部の農村部に伝承されている、秋の実りを感謝する奉納太鼓や殿様への献上の道行きの笛太鼓を伝承しています。保存会は、昭和47年に宗家 月星鎮一により発足し、町の祭りを中心に活動していましたが、「尾張の曲太鼓」と呼ばれる撥(ばち)をクルクル回す打法の珍しさからか、地元以外にも日本各地や海外で演奏しています。

  宗家の他界後、一時期は存続の危機にも危ぶまれましたが、弟子がこの伝統芸能を後世に遺していくために現在も活動を続けています。

海東流神楽太鼓保存会獅子舞写真01

 沖縄県読谷村波平自治会 

 波平の獅子舞は、1970年頃から地区の邪気を祓い、波平区へ五穀豊穣と繁栄を祈願することを目的として、毎年旧暦の8月15日に東門(アガリジョウ)、遊庭(アシビナー)の舞台で演舞を行い奉納されています。獅子舞は、守護神として永年区民の畏敬の念に支えられ、民俗芸能として受け継がれています。

 

獅子舞の画像(1枚目) 獅子舞の画像(2枚目)

 

その他の催し

 (1) 読谷村の紹介ブース 様々な分野で交流を深めている読谷村の紹介ブースです。

 (2) 生涯学習事業の紹介 蟹江町の生涯学習はどんなことをしているか写真などを展示してご紹介します。  

 (3) 蟹江町の特産品の販売  蟹江町商工会による町の特産品を販売します。(午後0時30分頃~)

連絡事項

※駐車場に限りがありますので、なるべく乗り合わせか、徒歩・自転車でお越しください。
※お車でご来場の方は、蟹江町職員駐車場・学戸グラウンドをご利用ください。
※蟹江町役場周辺での路上駐車はご遠慮ください。
 ご協力よろしくお願いします

学戸グラウンド臨時駐車場 [PDFファイル/371KB]


Adobe Readerダウンロード PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe社が提供する最新のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方はバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)