トップページ > 組織でさがす > 教育課 > ことばの学習活性化推進事業

ことばの学習活性化推進事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月1日

 蟹江町は、愛知県教育委員会から委嘱を受け、「平成23年度 ことばの学習活性化推進事業」について、蟹江小学校を研究の拠点として、以下の取組を行っています。

ねらい

  • 言葉のスペシャリストや話し合いのスペシャリストを招き、子どもたちが自分の考えを伝える力を高めるための授業づくりを行う。
  • 優れた授業実践者を招き、児童の言語能力を高める。
  • 発表の際の基礎的な能力を高められる朝の基礎トレーニングの時間の教材を開発する。

活動内容

  • 年間を通して基礎トレーニングを行い、言語感覚を高めるとともに発表の際の基礎的な能力を高める。
  • 専門家のアドバイスを受け、言語活動の充実に向けた授業研究を行う。
  • 学校生活の基盤は学級であるととらえ、学級での話し合い活動を活性化することにより学級集団の質的向上を図る。
  • 上記の取組を、事業の核となる学校を中心に行い、町内の教師が研修会等に参加することで、その取組を広げ、町全体の言語活動の取組の活性化を図る。

活動計画

  • 10月11日 模範授業(道徳)と講義
  • 11月02日 研究授業(道徳)と研究協議会
  • 12月15日 模範授業と講義(学級会活動)
  • 12月26日 講義と実習(コミュニケーション能力を高める指導法)
  • 01月19日 研究授業(学級会活動)と研究協議会

※あいち「授業づくり」人材バンクに登録された授業名人等を招いて、言語活動の充実を目指した指導法について研修を深める。