トップページ > 組織でさがす > 子育て推進課 > その他の福祉

その他の福祉

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月1日

 ●母子寡婦福祉資金の貸付(県制度)

  母子家庭および寡婦のかたの生活の安定と、児童の福祉増進のため、暮らしに必要な資金の貸付を行っています。

◆対象者

  1. 20歳未満の児童を扶養している、配偶者のいない女子及び父母のいない20歳未満の児童
  2. 子が20歳以上になったため、あるいは子がいないため、母子福祉資金の貸付を受けることができない配偶者のいない女子

◆貸付金の種類

事業開始資金・修学資金・就学支度資金など

●原子爆弾被害者援護手当

◆対象者

被爆者手帳を所持し、町内に住所を有するかた

◆申請手続き

  1. 被爆者手帳の写し・住民票の写し・印鑑・銀行口座のわかるものをお持ちになりして、申請してください。
  2. 手当は、認定の申請をした月の翌月から支給します。