トップページ > 蟹江町議会 > タブレット議会を目指して

タブレット議会を目指して

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月28日

大治町、蟹江町、飛島村の3町村で構成される海部郡町村議会議長会は、4月22日に「ICTを活用した議会改革について」と題し、3町村の議会議員36人を対象に研修会を開催しました。

講師には、全国で初めて「オールタブレット&クラウド議会」を実現した神奈川県逗子市議会の元議員の君島雄一郎氏を招き、研修会では、議員一人一台ずつタブレット端末を使用し講義を受けました。

議会のICT化は、経費削減、労務負担の軽減はもとより、議会の質的向上も期待されており、3町村議会は、この研修を踏まえ、今後、タブレット端末の議会への導入についても検討していきます。

  • ICTとは、Information and Communication Technologyの略です。

研修会の様子1 研修会の様子2

  • 画像は、当日の研修会の様子です。